タイヤ・インプレッション・・・・・

MICHERIN ENERGY XM1



ミシュランのボトムレンジを担うスタンダードタイヤです。
2004年に発売されましたから、もうモデルとしては熟成の域でしょうか・・・
次世代を担うモデルとしてはENERGY SAVERが登場しています。

トレッドは内側と外側が違うパターンです。OUTSIDEはタイヤの名前ではありません(爆)
d0144618_1625531.jpg

現品生産時期は4108と4408・・・
2008年の第41週と44週ですから昨年の10月から11月にかけて生産されたようです。
生産国The Kingdom of Thailand ・・・
d0144618_1626552.jpg

テンロクラリー用5.5Jに185/65サイズを履く・・・・
d0144618_16261766.jpg

外径は純正195/50-16に比較して-5mm小さくなります。殆んど無視できる数値でしょうか・・・
d0144618_16262746.jpg
           
外観も違和感のない白いソックス・・・・
d0144618_16264194.jpg

d0144618_16265491.jpg

ステアリングが中立から切り始めから少し手応えが増えたかな?
トレッドはセンターに太いグルーブがあるせいか復元力も強くなった様な気がする・・・・
走行車線から・・・・
追い越し車線への変更も・・・・
スムース、急ハンドルにも揺り戻し感は感じられません。

d0144618_1627698.jpg


走行音も静かです・・・が、履いているホイールが鉄ちんのせいか共鳴音はアルミホイールに分があるでしょう。
試みに手持ちの純正アルミを装着して聞き比べてみたい(笑)
d0144618_1627198.jpg


50Km/h以上ではフラットな走行感・・・エアボリュームとハイトが増した所為かな?
d0144618_16273134.jpg


ともあれ現時点ではしごく満足です。
ロングライフのミシュラン・・・・その性能にも期待したいところ。
蛇足ながら・・・・・
タイヤ入れ替え業者さんは、ミシュランタイヤ本体に軽点表示が無いことに驚いていました。

※軽点とは、タイヤ生産時にタイヤの最も軽い個所にマーキングをすることです。
  タイヤ組み換え時にココをバルブ位置に合わせるとバランス取りが容易です。
ミシュランの入れ替えはあまりしたことが無いそうです、でもバランスは一発で決まったそうな!
さすが!

※この文はboxcat本人の個人的な感想を述べたもので全ての方に同一の感想が持たれるものではありません。
[PR]

by boxycat | 2009-05-19 21:05 | プジョー1007