1007のボディ・・・・

エブロ製・・・・



以前にも紹介させて頂きましたが・・・・
d0144618_21341481.jpg

かつて所有していたホンダ1300クーペ・・・・
1300cc空冷4気筒4キャブレター、ドライサンプ式、色んな意味で凄いクルマでした(@;@)
今回は、それが記事では有りません・・・・
d0144618_21343729.jpg

このホンダ1300・・・モヒカンルーフ式の構造でした。
d0144618_21345014.jpg

モヒカンルーフ式は、ルーフとサイドパネルをそれまでのドア開口上部での溶接をルーフ部に位置をずらし高剛性と軽量化を両立させました。
どこのメーカーが最初かは分りませんが国産車ではホンダが最初だったと思います。
今や殆どのメーカーで採用していますね。

俯瞰で1007を見る・・・・
d0144618_2135796.jpg

確かにモヒカンの様です・・・・
d0144618_21351827.jpg

1007は戦車のようだ、と表現された方もいました・・・
たしかに重量感ある走りと固いモノの守られている感覚は、当たっているかも(~;~)
d0144618_2138016.jpg

ちょと動きの遅いトコロもね(^^)
d0144618_21385583.jpg

[PR]

by boxycat | 2008-08-06 21:43 | プジョー1007