1007の空調・・・

1007の空調・・特に足元の暖房はお世辞にも効きがヨイとは言えませんね。



そもそも暖房への考え方が違うように思えます。日本的に足元・足の甲の部分をガンガン熱して「これでどうだ!」的な暖め方ではありません。
室内を全体的に暖めようとする設定のように感じますね。ちょうどビジネスホテルのシングルルームに似ています・・快適ではあるけれどちょっとクール感過ぎるような・・。
1007のヒーター・・オート状態ではエアコンも作動します。表示には出ないけれど作動しているそうです(メカさんに確認済)後存知のようにエアコンは除湿機能もありますので「冷え感」も増幅という訳です。

エンジンを始動すると・・・・
d0144618_212574.jpg

↑設定温度によっては既にオートモードが働き始めてます。デフォルトでは外気導入モードです。
d0144618_2121527.jpg

↑水温が上昇し始めると(HK・・笑・・1007は水温計はありません、オーバーヒート時は警告ランプが点灯するそうです)エアコンが仕事を始めます。もう風量は羽根2つマークです。
d0144618_2122469.jpg

↑わたしが足元の暖房を優先させる時に・・・
ACをオフ、AUTOをオフ、ベンチレーターへの送風をオフ・・それでもベンチレーターからはゆらゆら送風されるのでルーバーを閉止する・・左側が閉止状態です。
d0144618_2123450.jpg

そして内気循環にする・・これで随分違うはずです。
内気循環にする事で外気温や室内の湿度によってはウィンドウガラスが曇り易くなるので注意してください・・時々、外気導入やエアコンを使用した方が良いでしょう。
曇り防止のため左右のベンチレーターは開けたままの方が良いかも知れませんね。

以上はわたしが行っている操作です、プジョー社が推奨している操作ではありませんのでその点を御了承下さい(笑)また時間が経過すると・・・一晩かな?初期の状態に戻ってしまいます。

サイドブレーキの隙間からも温風がゆらゆら立ち昇ってきます。
d0144618_212461.jpg


後席の住人用にスリットがカウル部にあるのですね。手袋で隠してしまいました!
d0144618_2125841.jpg

しかもelfのロゴ入りで(爆)
※elfはルノー純正指定オイルメーカーです。ブジョーでいえばTotalのような存在でしょうか。
[PR]

by boxycat | 2008-02-18 21:38 | プジョー1007