早朝・・・

7時から開いています♪



行ってきました精密検査。

※長文です。

この春の社内検診で「バリウム斑」が見つかり精検を勧められました。
バリウム班は胃粘膜に出来た潰瘍やびらんにより検査の為に服用したバリウムが
回りきらず影状の「斑」として見えることです。
早期の癌等も発見されることもあるそうです。

駐車場に停める・・・
d0144618_20382245.jpg

公共放送支局の裏手にあります。
d0144618_20391793.jpg

ゲートはフリーで開きます。帰る時は受付から貰ったコインを投入する仕組みです。

行きつけのお医者さんです。
久々です。院長先生のお母様が新聞を取りに来ていました。
軽く会釈。
d0144618_20393544.jpg

受付はまだ開いていませんが、検査スタッフはもう出勤しています。

内視鏡、いわゆる胃カメラは25年以上前に大病して以来です。
あの時は娘も小さく家族には随分迷惑をかけたなぁ~・・・等と待合室の椅子に腰掛けて思いに耽っていたら、スタッフの「b様~こちらへどうぞ」の声。
d0144618_20411531.jpg

診察ベッドのある部屋に通される。
肩に注射、筋肉注射なので少し痛い。
次いで、無味のポカリスエットのような液体を飲ませられる。ぬるいので不味い(笑)
口を大きく開けるように言われ、スプレー状の麻酔薬を咽喉辺りに噴霧される。
靴べらのようなステンレスのヘラで舌を押し下げられるので吐きそうになる(吐きはしなかったが^^)
ベッドに仰向けになり血圧測定のバンドを右腕に、脈拍測定の端子を右手人差し指に装着させられる122~86の表示、意外と冷静(笑)
しかも低血圧な数値(これがワタシの正常値です^^)
左手から麻酔薬(安定剤かも・・・)の静注開始、ゼリー状の麻酔剤を口に投入される。
咽喉の奥に留めて時々うがいみたいにして下さいとの指示。粘度が高いのかナカナカしづらい・・・
そうこうしているうちに先生登場、挨拶をしようとしたがこの状態では無理(^^)
看護婦さんから上体を起こすようとの指示。
口に含んだ麻酔剤ゼリーをトレイに吐き出す。
ドクターに「先生、どうも」と言おうとしたが「れんれーろ~も」
・・・・多少誇張していますが、どうやら喉の奥に留めているつもりが
舌の付近に置いていたらしい・・・・
起きたままで、先生が再度麻酔剤を喉の奥に噴霧する。
うつぶせになり、いよいよ内視鏡挿入です。
喉のあたりに少し刺激がありますがモノを飲んでいく感覚は皆無です。
モニターは頭上にありますが光に反射して見えません。
先生の操作によってカメラの撮影個所を何箇所も移動しているのがわかります。
ある程度奥まで・・・十二指腸あたり?付近を念入りに診ているのでしょう。
時折、注射器状のポンプでカメラの操作部下に付いたところから液体を注入しています。
たぶん生理食塩水?胃液を洗浄してより見やすくしているのでしょう。
噴霧されて若干ではありますが冷たい感覚は伝わってきます。
しかし胃の中に異物がある感覚は希薄です。
唯一、チューブを挿入・引き抜く時に咽喉部に擦過痛を感じる・・・
やはり舌の上に留め、咽喉の奥に行き渡らなかったのでしょう。
ひと通り診終わったらしい、ワイヤーをカメラ部に挿入、多分組織の一部を採るのだろう。
これも痛みは皆無。
この間、約5分くらいでした。
「終わりましたよ、この後説明がありますから隣室のベッドでお休みになってお待ち下さい」
「はぃ~」と起きようとする。足元がふらつく(笑)

安置室(笑)にて休息
d0144618_20401725.jpg

20分程休んでいたらお声がかかった。
先生の脇のパソには、わたしの胃の内部が表示されている。
意外ときれいだ(笑)
「健康診断で指摘された個所には異常は無かったですよ」
「そうですか!^^)V」
「しかし部分的に荒れている個所が散見されますね~、一応組織を採っておきましたので
 次回、来院するまでには判明すると思います」
「判明といいますと?・・・」
「ええ、この胃荒れの原因はピロリ菌の仕業かもしれませんね~」
「ピ、ピロリ菌!?」
「そうなんです、成人の7~8割の方の胃の中に存在します。胃がんの何割かの原因の一つとされています」
「はぁ~」
「組織の分析に、少し時間がかかりますので、その時に今後の治療方を決めましょう。
 次回いらっしゃる時には朝食を摂らないでいらして下さい。
 組織に菌が発見出来ない場合でも呼気で発見する場合もありますので・・・」
「はぁ~」

と、病院を後にするbでした。
ともあれ重大な病巣が発見されなくてヨカッタ事に感謝しなくては!

さて飲むぞぉ~q(^^)v♪
咽喉元過ぎればナントカモードのbでした~
d0144618_20403614.jpg

[PR]

by boxycat | 2010-07-24 20:45 | 日々色々