プジョー1007リコール・・・・

プジョー・シトロエン・ジャポン(以下PCJ)は・・・・



かつて販売していたプジョー1007のリコールを発表した。
「燃料ポンプの強度が不足している為、燃料であるガソリンが漏れる恐れがある」

プジョージャポンリコール情報

同型式の燃料ポンプを使用するシトロエンも・・・・

国土交通省のリコール情報・・・・

県央部のディーラーさんへ問い合わせましたら、PCJから直接DMが届くので
それからでもヨイでしょうとのこと。
対策部品の交換は40分もあればできますが、ライン内の減圧に時間をとられる場合を考慮して
一時間程度お待ち戴くかも知れません、との話でした。

7/21日時点でPCJからリコール情報の案内が来ていないので
ドック入りは未定ですが、既に対策部品は到着しているとのこと。
前日にでも連絡戴ければ予定にいれて置きますとの電話でしたので、
今週か来週にでも持ち込む予定です。
ここのディーラーさんで販売した1007の総数も二桁くらいなので然程慌てていないとの印象でした。

で・・・・帰宅しましたらDM、じゃなくてMAILが入っていました!(以下コピペ)

━Recall Information━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1007 1.6 リコールのお知らせ(燃料ポンプの交換)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009年07月21日

boxycat 様

平素は、プジョー車をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたびお客様にご愛用いただいております

 1007 1.6 (車台番号[下8桁]:*******)

におきまして、以下の不具合に対する改善対策作業
を実施させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。

燃料ポンプのリターンパイプ取付部の強度が不足しているため、
使用過程において亀裂が発生することがあります。
そのため、そのまま使用を続けると、亀裂が進行して燃料が漏れる
おそれがございます。

本作業は1時間~2時間程度を見込んでおりますが、状況により車両を
お預かりする場合もございます。また、本作業は燃料タンク付近の作業を
行いますので、燃料を満タンの状態でのご来店を避けていただきますよう
お願いいたします。燃料タンクが満タンの状態でご来店いただいた場合に
は、事前作業が必要となるため、さらにお時間をいただく場合も
ございますので、ご了承ください。

中略・・・・・・・・・・・・・・・

つきましては、ご多忙の折り、ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳
ございませんが、お早めにプジョー正規取扱店にて、改善対策作業を
お受け下さいますよう、お願い申し上げます。


─ プジョー正規取扱店 Information ───────────────

 PEUGEOT*******
 電話番号:**********
中略・・・・・
─────────────────────────────────

この作業により、お客様に費用のご負担をお願いすることはございません。
準備の都合上、ご来店の際にはあらかじめご予約を頂戴いたしたく、
恐れ入りますが、お客様のご協力をお願い申し上げます。

今後もオートモビル・プジョー社共々、品質向上はもとより安全確保に
より一層努力する所存でおりますので、何卒ご理解賜り、末永くご愛顧
の程よろしくお願い申し上げます。
以下略・・・・・
──────────────────────────────────
本メールは、プジョー公式ファンサイト『Le Club PEUGEOT』に
ご登録いただきました方にお送りしております。
以下略・・・・・・・・・

DMが届かなくても可能な様です。
d0144618_20255721.jpg

今週末にでも持ち込みますか(^^)/
[PR]

by boxycat | 2009-07-21 21:27 | プジョー1007